NTTドコモがまとめた2日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち9割を超える89地点で、元日に比べ増えた。年末年始の帰省、行楽客のUターンが影響したとみられる。元日は9割超の地点で大みそかより人出が減っていたが、再び増加傾向に。

 2日は感染拡大前の休日平均と比べると、ほとんどの地点で人出は減っているが、減少率が元日よりも縮小した。

 札幌駅は感染拡大前比で72・5%減だった前日から1・0%の増加に転じ、上昇幅が73・5ポイントと全地点のうち最大だった。繁華街では、前日に32・1%減だった京都・四条河原町付近が28・0%の増加に転じた。