大相撲初場所(10日初日・両国国技館)をかど番で迎える大関正代が2日、東京都墨田区の時津風部屋で稽古始めを行い、平幕豊山と10番取った。昨年の初場所では13勝して飛躍のきっかけとなった。「出だしが重要。初場所に好成績を残して、その勢いで今年もいけたらいい」と意欲を語った。

 関取と胸を合わせるのは昨年の11月場所で左足首を負傷し途中休場してから初めて。8勝2敗だったそうで「そんなに問題なく踏み込めていると思う。下がったらちょっと恐怖感がある。そこを稽古でもうちょっと慣れさせていけたらいい」と初日まで約1週間の鍵を挙げた。