ラグビーの全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝2試合が行われ、2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が帝京大(同4位)を33―27で下し、天理大(関西1位)は明大(関東対抗戦1位)に41―15で快勝した。決勝は11日に東京・国立競技場で行われ、早大は17度目の大学日本一、天理大は初の頂点を目指す。

 早大は前半にラインアウトからのモールでフッカー宮武が2トライを奪うなど21―13とリード。後半は帝京大にスクラムで劣勢に回る場面も増えたが、バックスの2トライで逃げ切った。天理大はCTBフィフィタを軸に攻め、前後半ともに3トライずつ奪った。