【ロンドン共同】欧州連合(EU)を離脱した英国は2020年12月31日夜(日本時間21年1月1日朝)、加盟国待遇でいられた移行期間の終了とともに、EUの仕組みから完全に脱退した。これに伴い、英EU貿易に通関手続きが加わった。年初の1日は大きな混乱はなかったが、書類不備による通関の失敗が一部で早速発生、地元当局などは警戒を続ける方針。

 英EUは12月下旬に合意した自由貿易協定(FTA)に基づき、21年以降も関税ゼロの貿易を続けられることになった。だが離脱完了に伴い、英EU間の国境をまたぐ貿易には原産地や安全性の証明、税関申告などが新たに必要となった。