日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会の運営委員会を開き、21世紀枠の出場校を1校増やして、4校にすると発表した。21世紀枠の候補は9校。

 例年は秋に開催される明治神宮大会の優勝校の地区に出場枠が与えられるが、昨秋は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった。運営委は「高校球児が新型コロナウイルスによる感染症と向き合ってきたことを踏まえた」とした上で、「それぞれ創意工夫を続け、高校生活や部活動に真摯に取り組んでいる学校に光を当てることが、全国の球児や高校野球ファンを勇気づけることにつながる」として、21世紀枠の増加を決めた。