日本ボッチャ協会は13日までに、世界ランキングなどを基準に選考した東京パラリンピック代表の追加内定5選手を発表し、前回リオデジャネイロ大会のチームで銀メダルを獲得したメンバーで脳性まひBC2クラスの杉村英孝(伊豆介護センター)と同BC1クラスの藤井友里子(アイザック)が名を連ねた。世界ランキング2位の杉村は3大会連続の出場。

 運動機能障害BC3クラスの高橋和樹(フォーバル)と田中恵子(石川県協会)、同BC4クラスの古満渉(広島市役所)も代表に内定した。

 日本は開催国枠で10選手が出場予定。