【ロンドン共同】英政府は12日、英企業などが中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害に加担しないよう、自治区と関連のある製品をサプライチェーン(部品の調達・供給網)から排除するための規制強化に踏み切ると発表した。

 英政府は自治区での少数民族ウイグル族に対する弾圧や香港の人権問題に批判的な姿勢を強めている。ロイター通信によると、ラーブ外相は「英国は新疆とのつながりがある製品とは無縁でありたい」と強調した。中国側の反発は必至だ。

 英政府の発表によれば、新疆ウイグル自治区での人権侵害に加担しかねない製品の取引規制を強化する。