全日本民主医療機関連合会(民医連)は12日、新型コロナ感染拡大による看護学生への影響を調査し、27・2%が生活費や授業料の支払いなどで影響を受けているとの結果を発表した。「家族の収入減少や、感染防止のためのアルバイト禁止などで、経済的な困難を抱える学生が増えている」と分析している。

 昨年9月から1カ月間、民医連の奨学金を受ける看護学生らにネットで調査。1127人から回答があった。民医連によると、看護師を養成する大学や短大、専門学校などの多くは感染防止で病院実習前のバイトを禁じているが、実習中もバイトをしないと生活できないとした学生は17%に上った。