プロ野球の臨時12球団代表者会議が12日、オンラインで開かれ、現時点では予定通り2月1日にキャンプインする方針を確認した。新型コロナウイルス感染が拡大する中、キャンプを行う宮崎、沖縄両県の自治体と検査態勢などを協議して感染対策を進める。

 首都圏で2月7日まで緊急事態宣言が再発令されたことを受け、球界内ではキャンプ日程の見直しを議論する必要があるとの声が出ていた。日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は会議後の記者会見で「現時点では2月1日のキャンプインで準備を進める」と説明した。

 全選手、スタッフがキャンプ地入りの前にPCR検査で陰性を確認する。