東京都の小池百合子知事は12日、都条例に基づき、2期目に入った昨年7月31日時点の資産を公開した。本人名義の不動産と金銭信託の総額は計約2561万円。土地・建物の取得に伴い、初当選した2016年7月時点の資産約1762万円より増えた。

 同日公開した資産等報告書によると、東京都練馬区に土地216平方メートルと、床面積167平方メートルの建物を所有している。16年当時は共有だったが、18年に小池氏が全て取得したため、固定資産税の課税標準額は土地が約1030万円、建物が約1431万円となった。取得に要した費用の借入金残高は約4140万円。