住友電気工業の元社長で、関西経済連合会の会長も務めた川上哲郎(かわかみ・てつろう)氏が9日、老衰のため死去した。92歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。後日お別れの会を開く予定。喪主は長男尚貴(なおたか)氏。

 1952年に住友電工に入社した。82年に社長に就き、91年から会長を務めた。

 94年からは関経連の会長を3年間務めた。元東洋紡社長で関経連会長を務めた故・宇野収氏からバトンを引き継ぎ、阪神大震災の復興事業や関西空港の拡張工事に注力した。