政府は12日、京都、大阪、兵庫の関西3府県に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を13日に再発令する方向で最終調整に入った。菅義偉首相は12日午前の自民党役員会で、3府県への再発令に関し「専門家の意見を踏まえ、状況を見て速やかに判断していきたい」と表明した。政府は12日午後、愛知、岐阜両県の知事から再発令の要請を受け、関西3府県と同時発令できるかどうかを検討する方針だ。

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は12日、緊急事態宣言の対象地域追加を13日に決定する場合、同日に衆参両院で議院運営委員会を開き事前報告を受ける日程で合意した。