【ロサンゼルス共同】米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは予定通りにキャンプを開始し、レギュラーシーズン162試合の通常開催に臨む準備をするよう各球団に通達した。全国紙USAトゥデー(電子版)が11日、報じた。

 大リーグは2月中旬にキャンプインし、4月1日に開幕する日程を組んでいる。観客を入れるかどうかは未定。昨季は新型コロナウイルス禍で約4カ月遅れの7月に開幕、60試合制で無観客開催した。

 昨年末、MLB幹部や球団オーナーは選手らのワクチン接種のため5月に開幕延期し、140試合以下の開催も辞さない意向があることが報じられていた。