巨人は12日、球団OBの桑田真澄氏(52)が投手チーフコーチ補佐に就任したと発表した。背番号は恩師の故藤田元司巨人元監督がつけていた「73」に決まった。オンラインで記者会見に臨んだ桑田氏は「藤田監督に恥じないよう、指導者としてエースになれるように頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 2006年に退団して以来15年ぶりの巨人復帰で、プロ野球でコーチを務めるのは初めて。原辰徳監督から就任要請を受け「本当にうれしかった。その一言に尽きますね」としみじみ語った。同席した原監督は「強い味方、強い同志が加わってくれた。大いに暴れてもらいたい」と期待した。