【ワシントン共同】トランプ米政権は11日、キューバを「テロ支援国家」に再指定した。ポンペオ国務長官が発表した。20日の米政権交代を前に、指定を解除したオバマ前政権の路線からの転換を鮮明にした。前政権で副大統領を務めたバイデン次期大統領が再び融和路線に転じないようくさびを打つ狙いがある。

 キューバのロドリゲス外相は「政治的ご都合主義」とツイッターで反発。再指定は「偽善的で厚かましい」と非難した。

 オバマ前政権は2015年、1982年のテロ支援国家指定を解除。両国が大使館を再開させ、61年の断交から54年ぶりに国交を回復させた。