【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日の記者会見で、中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)と中国医薬集団(シノファーム)がそれぞれ開発したワクチンについて、緊急使用承認に向けた審査のため、中国当局と手続きを進めていると明らかにした。

 ワクチン使用の是非は各国が独自に行うが、自前で審査ができない発展途上国はWHOの判断を参考にしている。WHOは昨年末に緊急使用を承認した米ファイザー製ワクチンに加え、中国製ワクチン審査にも乗り出すことで、途上国での接種促進を目指している。