【ニューヨーク共同】週明け11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前10時現在、前週末比129・64ドル安の3万0968・33ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は177・48ポイント安の1万3024・50。

 トランプ米大統領の弾劾訴追を巡る動きを警戒した売りが先行した。新型コロナウイルス変異種の感染拡大への懸念が高まっていることも下げにつながった。