柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は11日、ドーハで開幕して男女計5階級が行われ、女子57キロ級で東京五輪代表の芳田司(コマツ)は決勝でサラレオニー・シシケ(フランス)に一本勝ちして優勝した。

 女子48キロ級で東京五輪代表の渡名喜風南(パーク24)は決勝で2019年世界選手権3位のディストリア・クラスニチ(コソボ)に一本負け。準決勝で世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢勝ちして初勝利を挙げたが、最後に力尽きた。

 女子52キロ級で元世界女王の志々目愛(了徳寺大職)は決勝でアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に敗戦。