ロッテの新人合同自主練習が11日、さいたま市のロッテ浦和球場で始まった。新型コロナウイルス感染防止のためにファンに非公開で行われ、オンラインで取材に応じたドラフト1位の鈴木昭汰投手(法大)は「少し寂しい気持ちはあるが、開幕までにファンの皆さまと一緒に盛り上がれる環境になれば」とコロナ禍が収束することを願った。

 12分間走では昨季のドラフト1位の佐々木朗と同距離となる2925メートルを記録した。「偶然だなと思った。自分のペースを崩さず走れた」と振り返った。

 スケジュールの都合で欠席した育成1位の谷川唯人捕手(島根・立正大淞南高)を除く8選手が参加した。