新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、列島各地は11日、成人の日を迎えた。式典を中止や延期とした自治体がある一方、屋外やオンラインでの開催など新成人にとっては異例ずくめとなった「節目の日」。緊急事態宣言が発令されている東京都杉並区や横浜市では感染対策を徹底し、人が集まる形で開かれた。

 式典を延期した渋谷区は、会場に予定していた渋谷公会堂前に職員を待機させ、延期を知らずに訪れる新成人に備えた。

 渋谷センター街で飲食店を営む男性は「いつもなら昼ごろでも晴れ着姿の人が行き交い華やか。コロナで仕方がないけど、少し寂しい」とつぶやいた。