第99回全国高校サッカー選手権は11日、さいたま市の埼玉スタジアムで決勝が行われ、山梨学院が11大会ぶり2度目の優勝を果たした。青森山田との対戦は延長でも2―2と決着がつかず、PK戦を4―2で制した。

 山梨学院は前半に広沢灯喜のゴールで先制。後半に2失点して逆転されたが、野田武瑠の得点で追い付いた。PK戦ではGK熊倉匠が好守を見せた。青森山田は2大会連続の準優勝。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大会期間中に首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令され、準決勝と決勝は無観客で開催された。