【北京共同】中国政府は11日、新型コロナウイルスの起源解明に向けた世界保健機関(WHO)の国際調査団が14日に中国を訪問すると発表した。中国側の専門家と合同で調査を進めるとしている。最初に感染症が確認された湖北省武漢にも入る予定。

 感染拡大への責任追及に神経をとがらせる習近平指導部は外部調査の受け入れに消極的で、国際調査団による中国での本格調査は実現していなかった。今回の調査でも実態解明がどこまで進むかは不透明だ。

 調査団は日本の国立感染症研究所の前田健氏を含む各国の専門家10人で構成。5日出発予定だったが中国当局の最終許可が出ないため入国できなかった。