ソフトバンクの周東佑京内野手が11日、福岡県内で練習を公開し、2年連続での盗塁王獲得へ向け「相手もいろいろと対策を考えてくると思う。挑んでいかないといけない」と決意を示した。今宮健太内野手らと室内練習場で約3時間半、フリー打撃などを行った。

 プロ3年目の昨季はプロ野球新記録の13試合連続盗塁をマークし、通算50盗塁と飛躍した。自主トレーニングでは課題とする打撃と、守備の送球に重点を置くという。

 左ふくらはぎのけがなどで昨季43試合の出場にとどまった今宮は「まずはけがなく1年間をテーマに。最後までショートを守っていきたい」と復活を誓った。