全国の市町村で最多の約3万7千人が新成人となる横浜市で11日、成人式が開かれた。3密を避けるため、例年は1会場で2回行っていた式典を、2会場で4回ずつに分けて計8回実施。横浜市は緊急事態宣言の対象地域に含まれており、感染対策として入場時に手指消毒を行い、式典後の会食自粛を呼び掛けた。

 会場の一つ、横浜アリーナ(港北区)では、国歌や市歌の斉唱は行わず起立して静聴。鯉渕信也教育長が「新成人の責任と節度ある行動を信じ、開催を決断した。家族やお世話になった人に感謝を伝える日にしてほしい」と祝辞を代読した。