ラグビーの大学日本一を決める第57回全国大学選手権決勝は11日、東京・国立競技場で行われ、天理大が連覇を狙った早稲田大に55―28で勝ち、3度目の挑戦で初優勝を飾った。関西勢の制覇は1984年度に故平尾誠二さんを擁して3連覇した同志社大以来36大会ぶり。

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が再発令された中、観客を入れて開催された。天理大はシーズン前のクラスター(感染者集団)発生を乗り越え、史上10校目の頂点に立った。