気象庁は11日、北陸地方では引き続き大雪による交通障害や農業施設への被害に厳重に警戒し、雪崩や着雪に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、東日本の上空約1500メートルに氷点下12度以下の寒気が流れ込んでいて、日本付近は冬型の気圧配置になっている。11日昼前にかけて、北陸地方を中心に大雪が続く見込み。

 12日午前6時までの24時間予想降雪量は、多いところで北陸地方が20センチ。

 これまでの大雪で積雪が多くなっている地域ではしばらくの間、雪崩にも注意が必要という。