白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が11日に成人の日を迎えた。マネジメント会社を通じて「一人の新成人として、大人として、自覚を持って強い人間、そして強いアスリートになれるよう精進していきます」とコメントし、昨年9月に都内で振り袖を着て撮影した写真を公開した。

 池江選手は昨年8月、約1年7カ月ぶりに実戦復帰した。新型コロナの感染拡大の影響で、新年の初戦となるはずだった10日のレース出場は断念。「1年前は想像もしていなかった状況」と嘆きつつも強化を進めており、23日に行われる北島康介杯の100m自由形に出る方針だ。