菅義偉首相は10日のNHK番組で、衆院解散の時期を問われ「まずは新型コロナウイルス問題に全力を挙げて取り組みたい」と、重ねて言及を避けた。10月の衆院議員の任期満了までに「何カ所か時期があると思う」とも指摘した。

 公明党の山口那津男代表はコロナ対策優先を求め「政局よりも、国民の安心感と選挙にふさわしい議論の土壌を整えて、時期を選ぶべきだ」と主張。日本維新の会の片山虎之助共同代表は「コロナ対策で大変忙しい」との理由で、早期の衆院解散に反対した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は「コロナ感染が落ち着けば、いつあってもおかしくない」として準備を急ぐ姿勢を強調した。