参拝一番乗りを目指して大勢が境内を走り抜ける新春恒例の「福男選び」が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となった兵庫県西宮市の西宮神社で10日、スタート位置の表大門が開き、約500人の参拝客が係員に誘導され、歩いて本殿に向かった。

 例年は参拝者が230メートル先の本殿まで石畳を疾走、20秒ほどで到達するが、今回は最前列に係員らが配置され、約2分かけて歩いた。

 30年以上参加しているという神戸市の男性皮膚科医(62)は「さみしさもあるが、これが本来の神事なのかもしれない。コロナの収束を願った」と話した。