天皇陛下は1日、新年一般参賀に代わる国民向けのビデオメッセージを、宮内庁を通じて発表された。新型コロナが猛威を振るう現状を憂い、「皆が互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んで行くことを心から願っています」と呼び掛けた。皇后さまも同席した。

 陛下のビデオメッセージは即位後初めて。平成では2回、天皇によるビデオメッセージが出されたが、皇后が同席した例はない。

 陛下は、医療従事者の負担が厳しさを増していることを心配し「感染された方や医療に従事される方、さらにはそのご家族に対する差別や偏見といった問題などが起きていることも案じられます」と述べた。