菅首相は1日付で年頭所感を発表した。新型コロナの感染拡大防止と経済回復に「引き続き総力を挙げて取り組む」と強調。東京五輪・パラリンピック開催への決意も示した。

 コロナ感染と経済の現況について「依然厳しい」との認識を表明。これ以上の感染拡大を食い止めて「国民の命と暮らしを守り抜くことを固く誓う」と宣言した。

 五輪は「今年の夏、開催する」と明言。「安全・安心な大会を実現すべく、しっかりと準備を進める」とした。

 外交は「日米同盟を基軸として近隣諸国との安定的な関係を築く」との立場を明確にした。多国間主義を重視し、ポストコロナの国際秩序づくりを主導するとした。