【モスクワ共同】ルカシェンコ大統領の6選を巡り抗議行動が続くベラルーシで9日、反政権派の調整協議会の幹部ズナク氏が拘束された。政権により拘束されるなどした幹部は6人となり、残るはノーベル賞作家のアレクシエービッチ氏だけとなった。政権は協議会への弾圧を一段と強めた。インタファクス通信などが伝えた。

 アレクシエービッチ氏は同日、「私たちは政権転覆を図ったのではない。対話を求めたが、ルカシェンコ氏は応じようとしない」と述べた。

 調整協議会は、大統領選再選挙を通じた政権移行を目指して設置され、アレクシエービッチ氏ら著名人7人が幹部会を構成していた。