日本郵政グループは9日、傘下のかんぽ生命保険と日本郵便による保険の不正販売問題を受けて自粛している保険営業を10月5日に再開する方向で調整に入った。顧客へのおわび訪問から始め、積極的な保険商品の勧誘はしない。要望があった場合のみ、商品の紹介や販売を行う。11日にも記者会見して発表する。営業は昨年7月から自粛していた。

 日本郵政の増田寛也社長は8月26日の記者会見で、営業を再開する前に「おわび活動からスタートする」と説明していた。当面は販売目標を設けず、社員への再発防止策などの浸透を優先。積極的な営業活動の再開時期は、顧客の反応を見極めて慎重に判断する。