人気アイドルグループ「嵐」が18日に発表する配信シングル「Whenever You Call」は、米国を代表するアーティスト、ブルーノ・マーズさんが書き下ろし、全編英語詞だと9日、所属レコード会社が発表した。

 マーズさんは嵐の楽曲やライブ映像を見るなどして楽曲を制作。今年でグループ活動を休止するメンバーの気持ちや休止後の思いをくんだ歌詞のミディアム・バラードという。マーズさんがボーカル指導もした。新曲は各配信サービスで配信、動画投稿サイト「ユーチューブ」でミュージックビデオも公開予定。

 マーズさんはハワイ出身のスター歌手。