安倍晋三首相の辞任表明を受けた自民党総裁選の支持動向を共同通信社が9日までに集計した結果、1人1票を持つ党所属国会議員394人のうち菅義偉官房長官を支持する割合は8割に迫り、菅氏は新総裁に選出される公算が大きくなった。総裁選計535票のうち菅氏の得票は7割に達する勢いだ。2位争いは岸田文雄政調会長が国会議員票でリードし、石破茂元幹事長が地方票で強みを見せる展開で両氏が激しく競り合っている。

 地方票も計141あるが、国会議員票の行方で大勢が決まる見通しだ。

 支持動向は、議員本人や関係者への取材、所属派閥の方針を基に振り分けた。