福岡市中央区の商業施設で女性客(21)が殺害された事件で、福岡県警中央署捜査本部は9日、女性を包丁で切りつけるなどして殺害したとして、殺人容疑で県内の更生保護施設に入所していた少年(15)=銃刀法違反容疑で現行犯逮捕=を再逮捕した。県警によると、「間違いありません」と供述している。

 再逮捕容疑は8月28日午後7時半ごろ、中央区地行浜の「マークイズ福岡ももち」1階の女子トイレで、殺意を持って女性を包丁で複数回切り付けるなどし、殺害した疑い。死因は出血性ショックだった。

 県警は少年が8月26日に少年院を仮退院し、同日中に更生保護施設に入所したと明らかにした。