昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた前法相の衆院議員河井克行被告(57)と、妻の参院議員案里被告(46)の公判が9日、東京地裁であり、参院選の会計担当者だった選挙事務所スタッフの女性が「お金に関することは克行代議士に決定権があった」と証言した。

 女性は、克行前法相から「小口の資金でも細かく報告を求められた」とする一方「案里議員からは会計報告を求められたことはない」と話した。

 証人尋問に先立ち、検察側は女性の調書を朗読。前法相は案里議員陣営のLINEグループで「昼夜を問わず指示や叱責を送信していた」とした。