大麻取締法違反(所持)の疑いで俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が逮捕された事件で、警視庁が自宅を捜索した際、リビングの机の灰皿に燃えかすが残っていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。押収した大麻は約40回分の使用量に相当するため、組織犯罪対策5課は常習的に使用していた疑いもあるとみて入手ルートを調べている。

 組対5課によると、リビングの机の引き出しからは大麻計20・3グラム(末端価格12万円相当)が、チャック付きの四つの袋に小分けされた状態で発見された。机の上には灰皿のほか、たばこの巻き紙もあり、同課は大麻を包んで吸引していた疑いがあるとみている。