【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは8日、中型機「787」で製造上の問題が見つかり、引き渡しが遅れる見通しだと明らかにした。米連邦航空局(FAA)は問題点を調査していると表明。米メディアによると、ボーイングは安全に関する緊急の問題ではないとしている。

 ボーイングによると、機体後部の結合部と、水平尾翼に問題が見つかった。引き渡し前の完成機を検査し、規格に適合していることを確認するのに時間がかかるという。声明で「当面、これらの検査のため、787の引き渡しに影響が出る」と説明した。