8日午後6時5分ごろ、JR予讃線宇和島発松山行き特急「宇和海24号」内で、乗客のJR四国の男性社員(65)が車掌に大声を出すなどのトラブルがあった。JR四国によると、同社が大洲署に通報し、内子駅で社員を引き渡した。特急は5分遅れで同駅を出発、この妨害行為で乗客約100人に影響が出た。

 同社によると、社員は予讃線の八幡浜駅勤務で、仕事を終え帰宅中だった。同線の伊予大洲駅で車内が混雑してきたため、車掌が席を移るよう頼んだところ、大声を出したり乗務員室の扉の開閉を妨害したりしたという。

 JR四国は「社員指導を徹底します」とのコメントを出した。