DeNAが0―7から引き分けに持ち込んだ。六回に佐野の3ランや大和の適時打など6長短打で7点を挙げた。坂本が5回7失点と乱れたが、救援陣が踏ん張った。阪神は大山の2発などで大量リードを奪いながら逃げ切れなかった。