東京都八王子市の私立幼稚園で7日、4歳の男児が給食で食べたブドウを喉に詰まらせ死亡したことが8日、警視庁高尾署への取材で分かった。窒息死とみられ、同庁は幼稚園関係者に事情を聴くなどして、業務上過失致死容疑を視野に当時の状況を調べている。

 高尾署や八王子市によると、7日午後1時半ごろ、男児は給食で出された直径約3センチのブドウ「ピオーネ」を食べていた際、苦しそうな表情で急に立ち上がった。職員が吐き出させようとしたが出てこず、119番。男児は搬送先の病院で間もなく死亡した。

 給食では3粒出され、男児の喉からは皮がむかれた状態の1粒が病院で見つかった。