大分県は8日、大分市の大分川で人骨が見つかり、歯の状況などから7月の豪雨で行方不明となっていた由布市の会社員渡辺知己さん(54)と判明したと発表した。渡辺さんは一家4人で車ごと川に流され、行方が分からなくなっていた。残る3人はすでに死亡が判明している。

 県によると8日午前9時ごろ、河川の地質を調べていた民間作業員が下顎などの人骨を発見した。大分県内の犠牲者は計6人となった。

 知己さんと妻の由美さん(51)、長男健太さん(28)、義母の登志美さん(81)は車で避難中に流された。