横浜市の小学4年女児(9)が連れ去られ2日半後に保護された事件で、未成年者誘拐の疑いで逮捕された無職大竹晃史容疑者(38)=東京都葛飾区=が女児を車で連れ去る際に「両手首、両足首を粘着テープで拘束した」という趣旨の供述をしていることが8日、神奈川県警への取材で分かった。

 県警や捜査関係者によると、これまでの捜査で、オンラインゲームで知り合い、ゲーム内の会話機能を使い「一緒にゲームをやろう」と誘い出したとみられているが、2日の面会時に無理やり連れ去っていた疑いも浮上。県警は女児からも話を聞き、逮捕監禁容疑を視野に捜査を進める。