立憲民主、国民民主両党などが結成する合流新党の代表選は、立民の枝野幸男代表(56)が国会議員149人の過半数を超す優勢に立つ。陣営が「圧勝」の目安とする100票の大台に乗るかどうかが焦点だ。国民の泉健太政調会長(46)は反枝野票の取り込みを図り、懸命に追い上げる。新代表と同時に投票で決まる党名は「立憲民主党」の継承か「民主党」の復活か、見通せない状況だ。10日に投開票される。

 新党の出身構成は立民が88人と最多で、国民40人、無所属21人。7日の枝野氏陣営の集会には代理を含め80人以上が出席し、多くが立民だった。