京セラ女子陸上部の佐藤敦之監督(42)が8月31日付で辞任したことが8日、分かった。後任は未定。コーチを務めていた妻、美保さん(42)も同じ日に退社した。

 佐藤氏は2008年北京五輪男子マラソン代表で、ハーフマラソンの元日本記録保持者。13年に現役を引退し、女子800メートル日本記録保持者の美保さんが現役時代に所属していた京セラの監督に14年に就任した。辞任理由について、京セラは「選手育成や部の運営に関して考えが異なる点があった」としている。