国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は8日、新型コロナウイルスに感染し重い呼吸不全になった患者に対し、長期使用を可能にした新型の人工心肺装置「ECMO(エクモ)」で救命率を向上させられるかどうか調べる臨床研究を今月中旬に始めると発表した。東京と大阪の10病院で計50人に実施する。

 エクモは、血液を管で体外に引き出し、肺の代わりに酸素を供給して体に戻す装置。現行の製品は6時間以内の使用を条件に国が承認しているが、新型コロナ治療では回路を交換しながら12日以上使うケースが半数に及ぶ。交換は患者の体の負担が大きく、医療従事者に感染リスクも生じる。