安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長の3氏は8日、党本部で演説会と共同記者会見に臨み、政権構想を示した。石破氏は「グレートリセット」として社会変革を訴えた。菅氏は「安倍政権の経済政策は私が引き継ぐ」とアベノミクス継承を前面に出した。岸田氏はデジタル時代に向けた成長戦略の再構築を唱えた。14日の新総裁選出に向け、3候補の論戦が始まった。

 石破氏は「真実を語らない政治家を国民は信じない」と強調。岸田氏はビッグデータを活用した成長戦略に取り組み、格差や分断が進む社会の課題を乗り切るとした。