【北京共同】北朝鮮は9日、建国72年の記念日を迎える。金正恩朝鮮労働党委員長は5日、専用列車で側近らを従え、台風9号で大きな被害が出た日本海側の咸鏡南道を訪問、現地を視察した。金氏は8月以降、豪雨や台風の被災地に自ら足を運んでおり、国民重視をアピールし内部結束を図る狙いがうかがえる。

 ただ、咸鏡南道新浦には潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発拠点があり、金氏がSLBMや潜水艦の開発状況を視察した可能性もある。新浦も台風被害を受けたとみられるが、日本をはじめ関係国は発射実験などに向けた動きがないか警戒を続けている。