女優の永野芽郁が東京都内で開かれた化粧品ブランド「雪肌精」の新シリーズCM発表会に出席した。新シリーズのミューズ(女神)に就任した永野は「私が生まれる前からずっと愛され続けている『雪肌精』の新シリーズのミューズなのでうれしかった」と喜びをにじませた。

 永野はブランドカラーと同じ、鮮やかな瑠璃色のロングドレス姿で登場。新CMでは「もーっと好きになりたい、自分の素肌のこと」というせりふを話しながら、透明感ある肌を披露する。

 せりふにちなみ、もっと好きになりたいことを司会者から問われると、永野は「料理」と回答した。1人暮らしで料理に興味すらなかったそうだが、「(新型コロナウイルスのステイホーム期間中に)おうちで過ごす時間多かったですし、料理ができる女性はやはりすてきだと思った」。

 ドラマの撮影で魚をさばく練習をし、はまりそうになったといい、「魚をさばく、包丁を研ぐといった、意外なところにこだわって、料理ができることをアピールしていきたい」と目を輝かせていた。